CLOSE

理想の店舗と出会う

店舗数234

店舗名で検索

地域を選ぶ

求める条件は?

料金

ジャンル

お店の特徴

広告掲載規約

この広告掲載規約は、当サイトの広告掲載を利用する者(以下「甲」といいいます)が、当サイトを運営する事務局(以下、乙といいます。)に対して広告掲載の利用を申し込むときと、甲が広告掲載を利用するときに適用されるルールとなります。
本規約の内容をよくお読みになったうえでお申し込み下さい。お申し込みいただいた場合には、以下の事項すべてにご同意いただいたものとして取り扱います。

第1条 (定義)

本規約おいて下記のように定義する

(1)当サイトとは、女性用風俗情報サイト「女ナビ」https://jonavi.netのことをいう。

(2)広告掲載とは、インターネット回線による自動公衆送信の用に供される記録媒体に記録されている当サイトの情報に広告を内容とする情報を加え、これを送信可能化することをいう。

(3)広告掲載とは、当サイトへの広告掲載データの編集機能の提供及び当サイトの一部分に有料または無料で広告掲載することをいう。

第2条 (目的)

甲は乙に対し広告掲載することを委託し、乙はこれを当サイトの一部分に広告掲載する。

第3条 (広告の入稿)

1.甲が広告掲載用データの入稿を行う場合は、乙が指定する日時までに、乙の指定する形式・形態で行うものとする。広告の差替えを行う場合も同様とする。

2.前項に定める入稿が行われなかった場合、乙は本規約に基づく義務の履行を免れる。この場合でも、乙は当該広告掲載を行うことができなかった期間の広告掲載料を甲に対して請求することができるものとする。

3.乙は甲が入稿した情報の内容について、一切責任を負わないものとする。

4.甲が乙に対して広告掲載料をすでに振り込んでいる場合であっても、甲が第1項に定める入稿をしなかった場合、又は掲載内容について乙が本規約の基準に沿わないと判断した結果、掲載が認められなかった場合は、乙はその広告を掲載しなかった期間について、広告掲載料を返還する義務を負わないものとする。

第4条 (広告内容の変更)

1.甲から入稿された広告掲載データの内容、形式またはデザイン等が不適切であると判断するときは、当該申込に係る広告を広告掲載せずに、その内容、形式またはデザイン等の変更を求めることができるものとする。

2.甲が前項に基づく乙の申し入れを拒絶した場合、または乙が広告掲載開始日までに甲から変更承諾を得られない場合には、乙は甲に対して本広告掲載の利用の許可を取消すことができるものとする。

3.乙の前1項に基づく申し入れによって、甲が修正データを入稿し、これが広告掲載されたとしても、乙はその入稿データについて、真実性、正確性、有用性、特定の目的への適合性、適法性を含め、何らの保証をしない。

第5条 (甲の保証)

1.甲は乙に対して、広告掲載の内容が法令に違反せず、いかなる第三者の権利も侵害するものではないことを保証する。

2.乙が第三者から、甲から申し込まれた広告掲載によって損害を被ったという請求を受けた場合、甲はその責任および負担においてこれを解決するものとする。ただし、乙の責に帰すべき事由により当該損害が生じた場合にはこの限りではない。

3.甲の広告内容が第三者の権利を侵害していることを理由として、乙が当該第三者に対して損害を賠償するなど乙に損害又は損失が発生した場合には、甲はその損害または損失を補償する。

4.甲が広告に掲載するセラピストの写真は、実際に甲の店舗に所属しているセラピストを撮影したものに限るものとする。

5.甲が広告に使用しているセラピストの写真が、甲の店舗に所属しているセラピストを撮影したものではないとの疑いが生じたときは、乙は甲に対し、その写真に撮影されたセラピストを、乙が指定する方法で再度撮影し、その写真の提出をすることを求めることができ、甲はこれに応じるものとする。

6.甲は、その広告内容に、乙の競合サイトへ誘引するような記載や、その他乙の損失につながるおそれのある記載をしないものとする。

第6条 (広告掲載料及び支払い)

1.甲は乙に対して、広告掲載料として、当サイトに記載の通りの掲載料金を支払うものとする。

2.甲は乙に対して、掲載料金を広告掲載月の前月25日限りで支払う。但し、広告掲載開始月においては、広告掲載開始前に支払う。

3.支払期日が金融機関休業日の場合は、翌営業日を支払期日とする。

4.掲載料金の支払は、乙の指定する銀行口座に振り込むことによって行い、振込手数料は甲の負担とする。

5.掲載料金について、領収書は発行しないものとする(振込み明細書を領収書の代わりとする)。

第7条 (支払遅延)

甲が広告掲載料その他乙に対して負担する債務の支払を遅滞する場合、乙は、甲がすべての債務を完済するまで、甲との間で成立している広告掲載規約に基づくすべての広告掲載を停止することができるものとする。

第8条 (契約の解除)

1.甲が次の各号のいずれか一つに該当する場合、乙は、甲に対する催告その他何らの手続を要することなくその全部または一部を取り消すことができるものとする。

1)第6条に定める広告掲載料の支払を遅滞する場合

2)本規約または乙との間のその他の規約又は契約に違反し、乙の催告にも関わらず、違反の状態が解消されることなく相当期間が経過したとき

3)差押え、仮差押え、仮処分、強制執行、競売、租税滞納処分、または営業免許取消などの公権力の処分を受けたとき、特別清算開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、破産手続開始等の申し立てがあったとき、手形または小切手を不渡りにしたとき、その他甲の財政態が悪化したと乙が認めたとき

4)甲または甲の代理人、代表者もしくは従業員等が法令に違反した場合などで、甲から委託を受けた広告掲載を継続することが乙の利益、信用を阻害するおそれがあると乙が判断したとき

5)甲または甲の代理人、代表者もしくは従業員等が乙やその関連会社または広告業界の信用を傷つけたときまたはそのおそれがあると乙が判断したとき

6)甲または甲の代理人、代表者もしくは従業員等が乙または第三者に損害を与える恐れのあるとき。

7)甲の言動、要求等が一般常識の範囲を著しく超える事実が確認できたとき。

8)甲の信用に著しい毀損が認められるとき。

9)甲が第5条5の求めに応じず、かつ、その他の一切の事情から、第5条4の規定に違反していると乙が判断したとき

10) 甲の本サイト利用により、コンピュータウィルスや大量送信メールの拡散など、乙または第三者に被害が及ぶおそれがあると乙が判断したとき

11)その他、乙が利用制限をかける必要があると判断したとき

2.前項により広告掲載の利用許可が取消されて広告掲載が停止した場合は、乙がすでに受け取っている広告掲載料のうち、掲載停止後に対応する分についても、乙は甲に返還しないものとする。

第9条(告知)

乙は、甲から広告として提供された文章や画像等の情報を、当サイトの告知(イベント、TV、雑誌、書籍、インターネット等のことをいう。以下「告知」といいます)のために、商用・非商用の区別を問わず自由に利用できるものとします。
甲は、これらの情報について、乙が告知のために、その全部又はその一部を編集して使用することについて同意し、その使用と告知内容について一切の権利を主張しないものとします。

第10条 (免責)

1.停電・通信回線の事故・天災等の不可抗力、通信事業者の不履行、インターネット通信回線の不具合、サーバー等のシステム上の不具合または緊急メンテナンスの発生その他乙の責めに帰すことのできない事由や乙の合理的支配の及ばない状況により、本規約に基づく広告を自動公衆送信することが不可能となった場合でも、甲は乙に対して広告掲載料の減額の請求ができず、乙は損害賠償その他一切の責任を負わない。

2.乙の過失により甲の広告掲載データを消去し、広告掲載出来なくなった場合でも、甲は乙に対して何ら賠償を求めず一切の請求も行わない。(その場合、甲は再度、情報提供を行う。)

3.甲から乙に対し、広告掲載データその他の当サイト掲載内容について、消去の依頼又は編集の依頼に乙が応じなかった場合でも、甲は乙に対して何ら賠償を求めず一切の請求も行わない。

4.甲が本規約に基づく広告掲載により損害を被った場合でも、乙は何らの責任も負わない。

第11条 (解除の非遡及効)

本広告掲載の利用許可の取り消し、または本広告掲載を解約した場合においては、取り消しまたは解約は将来に向かってのみ効力を有するものとする。

第12条(通知方法)

甲が乙へ、或いは乙が甲へ連絡が必要であると乙が判断した場合には、原則電子メールを用いて通知いたします。

第13条 (守秘義務)

当事者は、正当な理由なく広告掲載の利用申込に関して知り得た相手方の秘密情報を第三者に提供、開示、漏洩をしてはならないものとする。但し、公知の事実はこの限りではない。

第14条 (権利譲渡の禁止)

甲は、乙の同意なしに本広告掲載上の地位または権利を第三者に譲渡することができないものとする。

第15条 (合意管轄)

本規約に関する一切の紛争については、乙の運営会社本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とする。

第16条 (協議事項)

本規約に定めのない事項につき疑義が生じた場合は、関係法令および一般慣習に従い、甲および乙は誠意をもって協議し、これを解決する。

第17条 (規約の変更)

乙は本規約を何らの予告なく変更できるものとする。

以上

2020年5月1日 制定・施行

この頁の規約に同意して進む